アイドルオーディションの時に私が意識していること

アイドルオーディションの時に私が意識していること

アイドルになるのが夢でたくさんのオーディションを受けています。
最初のうちはオーディションに不合格になるたびに落ち込んでいましたが、今はオーディション自体にも慣れて少し余裕が出てきました。
私がオーディションで心掛けていることは、あくまでも自然体の自分でいることです。
肩の力を抜いて、自分らしくあることが大事だと思います。
みんなここぞとばかりに張り切って、普段やらないようなことをしようとするのですが、そういう時っていいパフォーマンスが出来なかったりするものです。
審査する側もその辺はよく見えているように思います。
あとはやっぱり笑顔が大事だと思います。
作り笑いはいけませんが、ニコッと愛嬌のある笑顔を意識するようにしています。
毎日鏡の前で自然な微笑みを研究しています。
笑顔は周りを元気にしますし、自分自身も楽しい気分になってきます。
あとは、自信を持つことです。
自信のなさは表情や態度に現れます。
人前に立つ仕事なので、自信を持てる人でなければやっていけないと思います。
自信なんて一日二日で身につくものではありませんし、自信過剰すぎてもいけません。
最初は小さくてもいいから自分の中に自信を持つこと、これを私は意識しています。
私は今、いろんな経験を通してちょっとずつ自信をつけてきています。
この調子で合格できる日がもうそこまできていると信じています。
今売れているアイドルはみんな最初からアイドルだったわけではなくて、オーディションという過程を経て晴れてアイドルとしてデビューしています。
早くアイドルとして活動できる日を夢見て、その日まで努力を怠らないようにしたいと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です